にほんご練習帳

思ったことや感じたことを文章に表現する訓練のためやってます。できるだけ毎日続けようと思ってます。

筋肉痛のフシギ

この週末、久しぶりに草野球をしました。一年ぶりの野球場は、なまりになまった身体にはとてつもなく広く、一塁に到達する前に太ももがつりそうになるわ、二塁ベースから一塁への送球がワンバウンドするわ、自らのあまりの老化ぶりにショックを受けました。 …

飲み会が苦手なワタシ

飲み会というものがあまり好きじゃない。特に職場関連のやつ。苦手な人がいるわけではなくても、なんとなく面倒くさい。なんでだろう? 友だちや気が合う人と会って飲むのは楽しい。ということは大半の職場関連の人とは「気が合わない」ということなんだろう…

なにごとも自分中心に

うまくいかないことは、相手のせいにしたくなる。誰でもそうだと思う。もちろんぼくだってそうだ。 もうすぐ40代に足をつっこむくらいに年をとると、なんとなく自分の積み重ねてきたことへの自信や自負がある。それなのにうまくいかないと、つい相手に原因を…

RADWIMPSは最初からイケてた

DMM片桐社長「RADWIMPSは最初からイケてた」これ、最近の日経ビジネスオンラインにあがっていた記事のタイトルです。 pixivを世界的サービスに育て上げ、今年DMM社長に就任した片桐氏が、スタートアップの目利きとして持論を語る内容です。 RADWIMPSについて…

子どもと野球観戦

昨日も西武が負けた。これで5連敗だ。これまでチームを支えてきた選手たち、バッターもピッチャーも、そろって不調に陥っていて、まさにどん底の状態といえる。 テレビ中継を見ていても、試合が進むにつれてだんだん不機嫌になってくる自分を感じる。子ども…

「ネット」との付き合い方

世の中に「ぜったい」ということはそうそうない。これまでの人生経験から、なんとなく感じている。きっと、だいたいの人はそうだと思う。 だからテレビでもネットでもよく見かける、なにかを型にはめた「言い切り型」の記事は、「まゆつば」なものも多いはず…

子どもに胸を張れるか

会社でもそれ以外でも、いい人だな、と思える人がいる。いつも穏やかで、誰にでも分け隔てなく接し、何より人の悪口を言わない。悪口や陰口というのはなかなかやっかいで、言っている本人は、自分の方が正しく、優位に立っているという錯覚に陥ってくる。そ…

ブランディングとかそのへんのことについて

ぼくの働く業界では、ブランディングとか、ロイヤリティとか、エンゲージメントとかの言葉が頻繁に使われます。「業界」なんて他人事のように書きましたが、かくいうぼく自身も油断すると、すぐに口をついてこれらの言葉が出てきます。 なんだかわかるような…

ほんとうに好きなこと

最近、あまりいろんなことにやる気が起きないとこのブログに書いた。それは相変わらず続いているのだけれど、じゃあ何をして過ごしているのかというと、野球観戦、野球ゲーム、映画・マンガ、草野球にそなえたランニング・肩づくり。ほぼこれですべてである。…

幸せの秘訣

昨日のNHKスペシャルで、夫婦関係を良好に保つ秘訣として「手を握り合い、向かい合って話す」というのをやっていた。そうすると、相手に対して愛情深くなる「エストロゲン」が分泌されやすくなるそうだ。 たしかに「触れ合う」ことの、気持ちを安らげてくれ…

「失う」ことと「ない」ことの違いについて

「光」という映画を観た。永瀬正敏演じる中森という名のカメラマンが弱視を患い、やがて完全に視力を失っていく絶望の中で、水崎綾女演じる、映画の音声ガイドを仕事とする女性と出会い惹かれあっていく、というストーリー。この映画を観ながらぼんやりと考…

朝の通勤電車で

最近ブログをサボりがちだ。いや、ブログだけじゃない。オンライン英会話も隔月でやろうと思っていたが、4ヶ月目にして、休止したまま再開の意欲がどうしても湧いてこない。1日1章読み進めようと思っていた仕事関連の本もしかり。続きのページが開かれるこ…

子どもに逃げ道を与えられる親になるために

最近の次男、GWが明けたころから、幼稚園に行くのが憂鬱そうなそぶりを見せるようになりました。 原因はよくわかりません。本人に聞いても、別に嫌じゃないと答えるのですが、毎朝出発前になると明らかに元気がなくなります。そして毎日のように幼稚園で泣い…

ウォーキング・デッドがつまらない

自分の好みが変わったのか、それとも相手が変わったのか・・・あんなに愛してやまなかったウォーキング・デッドへの想いが、薄れつつあります。 その兆候はシーズン6の後半あたりから。なんだかやたらに恐怖ばかり煽る展開にやや食傷気味でした。 そしてシー…

「ゲームやり過ぎ」について自分なりの答え(のようなもの)

こんにちは うちの8歳と5歳の息子は、二人ともゲームが大好き。奥さんが1週間で5時間まで、と決めているので、いつもゲーム時間が回復する水曜日を楽しみにしています。 ぼく自身も、5時間制には賛成です。でもなぜ「ゲームのやり過ぎ」がよくないと思うのか…

社会に出るということ

こんにちは 今日のほぼ日にあがっていたコンテンツ、「青春って、もう終わっちゃうのかな?」。これから社会人になろうというインターンのマツザキさんが、漠然といだく不安や寂しさについて糸井さんに相談してみるという対談です。 内容はとても面白かった…

さっそく反省...

昨日、自分の欠点として「すぐ妥協してしまう」と書いたばかりだけど、またやってしまった...期日も押し迫ったプレゼンの打ち合わせ。みんなGWは休めるように、なんとか今週中に仕上げてしまいたい。打ち合わせも佳境に入り、そろそろまとめに入ろうという頃…

読書感想文「嫌われる勇気」

自分の欠点はたくさんある。自分に甘い、すぐサボる、面倒くさがり。だから仕事でもストイックに妥協せず取り組む、ということができない。ついこんなもんでいいか、となる。まだある。初対面の相手が苦手。人と仲良くなるには時間がかかる。そもそも仲良く…

ザ・ベスト・オブ「プロフェッショナル」

あまり感じたことがない種類の感動だった。 昨日放送のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」。知床に生きる猟師、久保俊治。 独りで大自然に潜むエゾシカやヒグマと対峙し続けている。集団で追い込み仕留める「狩り」は、動物に対してフェアじゃない気がす…

子どもの成長を感じるとき☆3年生編

ついに長男が鍵っ子デビューをした。 新学期から毎週木曜日に次男が習い事をはじめ、うちの奥さんがそれに付き添うので、長男が学校から帰宅したときは家に誰もいなくなる。最初そのことを聞いたときは、ちょっと不安だった。3年生になるとはいえ、これまで…

いっぺんフラれてこい

最近、仕事で外部の人たちと会う機会が増えた。これまではどちらかというと、ひとりでウンウンうなって企画を考えていることが多かったのだが、もともと慣れない人と会うことがあまり得意でないこともあり、自分にとっては理想的な環境だった。でも部署が変…

自分に自信をもってやる

世の中に、「ぜったい」なんてことはそうそうない。それはよくわかっている。でも会社の上司や先輩に言われたことは、なんとなく「自分より正しい」と思い込んでしまったりする。もちろん、経験者の方が未経験者よりも予想しやすい、ということはあるだろう…

「わかってくれない人」との会話について

人に何かを説明するのってむずかしい。わかってもらえないと相手がダメな人のように思えるけど、そこで「わかるように説明できない自分がダメ」と考えられるかどうかで、その後の伸びしろも変わってくるように思う。仕事をしていると、日々そんなことの繰り…

幸せな生き方って

これまで、それなりに仕事を頑張ってきたつもりはある。でも一方で、自分に甘く、執念をもってこだわり抜くことができない自身の性格が、物足りなくもある。今の生活には満足している。それなりに休みもとれ、子どもと時間を過ごせる毎日は楽しい。でも一方…

新聞について

今日は備忘メモを兼ねて。個人的には、テレビが見られなくなっている原因の一つは、新聞が読まれなくなっているから、と思っている。毎朝、そして手持ちぶさたなとき、新聞のテレビ欄にざっと目を通すことで「こんなのやってるなら見てみようか」となる。新…

WBCと人生を重ねてみる

こんにちはWBCが面白いせいでいろいろ手につかないこの頃です。やっぱり筒香はすごいとか、牧田休ませろやとか、いろいろな感想があるのですが、今のところいちばん感動させられたのは、内川の姿です。言わずと知れた日本最高峰のヒットメイカーで、ソフトバ…

子どもの寝顔

こんにちは子どもが寝ているときの顔を見ると、こちらも思わずにんまりしてしまいます。無防備で、少し口をあけて、大きめの寝息をたてながら「ぐうぐう」という言葉がぴったりな様子で寝ています。本人たちからすれば、日々いろんなことがあって、悩んだり…

バチェラーに学ぶモテ技

こんにちはアマゾンのプライムビデオでやっている「バチェラージャパン」にハマっています。一人のパーフェクトな独身男性(バチェラー)を、28人の美女が一つ屋根で暮らしながら奪い合う、という内容。毎回最後に「ローズセレモニー」が行われ、バチェラー…

「優等生をバカにするテレビ」について考える

こんにちは最近話題になっている記事に、「テレビはいつまで優等生をバカにし続けるのか」というのがありました。テレビに限らず学校などでも、「ガリ勉」という言葉があるように、勉強に打ちこむ子どもがからかわれたり、嫌味を言われる対象になることが多…

喜びの歌

こんにちは最近、ちょっと仕事のことでモヤモヤしていました。でも、もうたぶん大丈夫。今のぼくにとって大切なのは、子どもたちに「仕事は楽しい」と胸を張って言える自分であること。そして、「大人になるの楽しそう」と思われるお父さんでいること。なに…

バレンタインデーの意義

こんにちはぼくは以前、自分が「モテる方なんじゃないか」と思っていた時期があります。いや正直に言うと今でも「昔のオレはモテた」と思いたがってる自分がいます。小学5年生のとき、担任の男の先生から冗談半分に、「おまえはモテるんだな〜」と言われたこ…

ひらがな派

こんにちはぼくが文章を書くとき、それはブログでも社内メールでも企画書でもなんでもそうですが、意識していることがあります。それは「型ぐるしくならない」こと。ぼく自身が、あまり難しそうな面構えをしたものを読むのが得意ではないので、自分でも読む…

レッスン受け放題のプレッシャー

こんにちは。DMM英会話、やっています。はじめて3週間くらいで、現在8回のレッスンなので、まあまあのペースかなと思います。レッスンは、講師の空き状況から毎回ほぼ違う人と話すので、それなりに緊張します。たとえば23時から予約を入れた日なら、それ…

東京

久しぶりに出張で訪れた。相変わらずとんでもなく人が多いし、建物は密集している。うっかり帰宅ラッシュ時に乗ってしまった電車は地獄だった。昔は東京にしかないものもたくさんあったが、今はそんな時代でもない。地方都市にいてもたいがいの店はあるし、…

舗装道路について考える

こんにちはなぜか今ごろ、昨年買った冬用革靴の靴ズレに悩まされてます…くるぶしのところがあたって、激しく痛いです。絆創膏くらいでは厚さが足りず、ティッシュを折りたたんではさんでます…そんな痛みの中、気づいたことがあります。平坦な道を歩くと、あ…

初志貫徹!オンライン英会話はじめました

こんにちは年始に目標に掲げた通り、オンライン英会話をはじめてみました。今のところ、とてもいい感じです。会社としては、まず月額最安値ラインである5000円代であること。そしてある程度企業規模的にサービスが洗練されていそうという理由で、DMMを選…

やっぱり世の中は良い方向にに向かっている

いや、ずいぶんたいそうなタイトルをつけてしまいましたが、最近の嬉しいニュースを聞いてそんな印象をうけました。ひとつはASKAがニューアルバムを発売するということ。もちろんいろんな印象をもつ人がいると思いますが、昔からのファンとしては、新作を聴…

世間を騒がせているあの問題の件

こんにちはAPA問題が燃えています。ぼくは過去の歴史に関して語るべき知識をもたないので、この本に書かれてある内容に関しては何も言えません。(というかそもそも読んですらない)ちょっと思うのは、このAPAホテルの方は一民間人である以上、自分の主張を…

理想の文章

こんにちは最近twitterで見かけた「好きな文章」について、「うまく書こうとしているものは、その意図が透けて見える。そんな感じのない文章が好き」というのがありました。これよくわかります。あとは、難しい言葉を使いたがる文章も、読み手に「理解しても…

「ホームランド」に感じるアメリカのいいところ

こんにちはウォーキングデッドもゲームオブスローンズも最新話まで見てしまい、今はそれ以外のあれこれに手を伸ばしています。そんな中、huluにホームランドのシーズン4が追加されていることがわかり、観ています。CIAとテロ組織との闘いを描いたドラマです…

音って大事だ

こんにちはこの年末年始、いくつか買い物をしました。洋服や本も買ったのですが、自分の中で一番満足度が高かったのは、スマホと家のスピーカーをbluetoothでつなぐレシーバーです。我が家にはぼくが独身時代、もう15年近く前に買ったミニホームシアターセッ…

三浦英之記者について

こんにちはぼくは自分で新聞をとらなくなって、もうずいぶん経ちます。会社に届くやつをパラパラめくることはあるけど、それも仕事でチェックしておく必要があるから。もちろん新聞には、そこでしか読めない記事もたくさんある。でも一か月4000円近くの出費…

もうひとつ今年の決意

こんにちは書こうかどうしようか迷ったのですが、自分の尻を叩くために書きます。今年は、オンライン英会話にチャレンジしてみたいと思います。学生時代は英語の勉強は嫌いではなく、いつかビジネスレベルで使えるくらいになりたいと思いつつ何もしないまま…

今年は出会いを求めてみる

ぼくは初対面の人と会うことが苦手だ。何か大きな会合などに出席しても、見知らぬ人と他愛のない会話を頑張って続けるみたいなことがすごく苦痛に感じて、ほとんど、ひとりポツンとしている。そして、ポツンとしている時間もまためちゃくちゃ苦痛だ。そんな…

家に子どもの写真を飾る理由

こんにちは我が家では子どもの写真をいくつか飾っています。生まれたてのとき、七五三や入園・入学のときの写真など。妻がやっていることですが、ぼくもこういうのは好きです。なんとなく子どもにとっても良い影響があるような気がするのです。自分が実家で…

2017ブログ初め

こんにちは31日からさっきまで妻の実家で呑んだくれていたので、予定していたブログ納めも、元旦の書き初めもサボってしまうという、なんともしまらない年末年始となってしまいました...とりあえず2016年の振り返りを。元旦に書き始めて、一年間で全1…

あの人のことが嫌いな理由

ぼくはあの人のことがあまり好きではない。もっと前は、はっきり嫌いだった。だいぶ付き合いが長くなってきて、多少の慣れや、意外な一面を見たりすることで「嫌い」というほどではなくなったけれど、それでもやっぱり苦手だ。なぜこの人のことが好きではな…

アーティストの定義とは?

こんにちは今日は、ちょっと備忘録的に。アドタイで連載されているコルク佐渡島さんのインタビューで、CMクリエイターと作家の違いについて語られていました。曰く、CMクリエイターは「どう表現するか=How」に精通している。対して作家、特に新人作…

幸せってなんだっけ

こんにちはこの1週間、ちょっとケガをして動けない状態でした。ひたすらベッドで横になって過ごす日々。最初のうちは、じっとしていても痛みで辛く、ただそれに耐えるだけ。その間は「いつまでこれに耐えればいいのだろうか」「ほんとに完治するのだろうか」…

長男とスイミングスクール

こんにちはうちの長男は幼稚園の年中時代から水泳に通っています。小さいころから運動が得意ではなく、何をやっても常に一番最後という感じ。これから小学校・中学校と進む上で、何かひとつ得意なものがあれば、自分の支えにもなるかと思いました。彼は運動…