読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にほんご練習帳

思ったことや感じたことを文章に表現する訓練のためやってます。できるだけ毎日続けようと思ってます。

人を喜ばせる喜び

こんにちは


今日は、やなせたかしさんの言葉にグッときました。


明日をひらく言葉」という、やなせさんの本から抜粋された記事をたまたま目にしたのですが、とても共感できる内容でした。

特に、この部分
 
「つかの間の人生なら、なるべく楽しく暮らしたほうがいい。

  それでは、人は何が一番楽しいんだろう。何が一番うれしいんだろう。

  その答えが『よろこばせごっこ』だった。」

 「人は、人がよろこんで笑う声を聞くのが一番うれしい。だから、人がよろこび、笑い声を立ててくれる漫画を長く描いてきた。」


これは、ほんとうにそう思います。


普段仕事をしていても、たまに「これが誰の役に立っているんだろう?」と思うものがあります。そんな仕事は、たとえ会社の売上につながっていたとしても、少し空しくなります。

反対に、クライアント担当者が喜んでくれたり、実際の販売につながってユーザーに受け入れられたことがわかったりすると、どんなに小さな仕事でも、すごくやりがいを感じ、もっと頑張ろうと思えます。


私生活でも同じです。
独身時代は自己中で、誰にも縛られずに好きなように過ごすことが最優先でしたが、今では自分のやりたいことをするよりも、「子どもが喜ぶ顔が見られる」ことをする方が何倍も楽しいです。


やなせさんの「人は、人がよろこんで笑う声を聞くのが一番うれしい。」というのは、誰にも当てはまる、とても素敵な真理なんだと思います。


人が喜んでくれるように頑張ることが、きっと「幸せな人生」につながる一番の近道なんでしょうね。