読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にほんご練習帳

思ったことや感じたことを文章に表現する訓練のためやってます。できるだけ毎日続けようと思ってます。

スポナビにブログ投稿してみた結果

こんにちは


しばらくこのブログをサボってしまいました。


というのも、プロ野球について書きたいことが出てきたのですが、ここにそれを書き始めると野球ネタの頻度がどんどん上がってしまい、元の主旨から外れてしまうような気がしたのです。


ここはあくまでも、「日常の気づき」について書きたいですし、「書かなきゃ」と意識することで、普段の関心事だけではないアンテナを張れるようになりたいということもあります。


そんなわけで野球ネタは「スポナビプラス」に投稿してみました。


すると…初めて投稿したぼくのようなド素人の記事に、1日で9000を超えるアクセスがあったのです。


驚愕しました。

ぼくが書いたのは、プロ野球、そのなかでも西武ファンでなければ特に興味がもてないであろう内容です。


それが1日で9000。

Yahooというプラットフォームのすごさ、そして「プロ野球」というコミュニティの濃さを改めて実感することになりました。


そして自分の意識の変化にも気づかされました。


このブログを始めた1月1日。アクセス履歴に初めて「1」がカウントされたとき、ちょっと怖くなりました。

「人に見られるところに、個人的な文章をあげてしまった」という怖さです。


それが今回9000のアクセスを見たときに感じたのは「快感」でした。


これまでぼくは、基本的にはfacebooktwitterもROMに徹してきました。

自分の投稿に、誰がどんな反応をしてくれるか、それを気にする自分が嫌だったからです。


それが今やアクセスに快感を覚えているのです。

これだけの人が見てくれている。次はもっと見てもらいたい。そのためにはタイトルをこうしてみようか、何時頃にアップすると読まれやすいだろうか・・・と、頭が「アクセス稼ぎ」に向けてフル回転してしまう始末です。


でもまあ「発信者」の感情を味わい、理解できるようになったのは一つの収穫であることは間違いありません。


おそらく次のステップは「コメント」、それも自分に対する否定的なコメントに対峙したときに、またひとつ新たな世界を見ることになるでしょう。



今の時点ではぼくにその覚悟はありません・・・


今回でも、1件コメントがついたときにドキドキしてしばらく開けなかったくらいです。(幸いとても好意的でありがたいコメントでしたが)



否定的な方との対峙は、まだだいぶ先のことであってくれるように祈ります。