読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にほんご練習帳

思ったことや感じたことを文章に表現する訓練のためやってます。できるだけ毎日続けようと思ってます。

他人の悪い評判を聞かされて困惑した件

こんにちは


他人に関する「評判」をどう受け止めるか、というのはとても難しいです。良い評判ならいいのですが、自分のよく知らない人に関しての悪い評判を聞くと、どうしてもその後意識してしまいます。


その人から直接嫌な思いをさせられた「被害者」は、そのことをぼくに分かってもらおうと、一生懸命説明してくれます。「あの人には気を付けて」と言います。


でも今のところぼくが嫌な思いをしたわけじゃない。その人なりに「嫌な思い」をさせた理由もあるでしょう。
そちらの言い分を聞けば、ぼくに訴えた「被害者」にも非があると思うかもしれません。自分で判断できる材料が揃うまで、その人に対する感情はフラットでいたいと思います。


でもいくら頭でそう思っていても、一度聞いてしまったら、やはりフラットではいられません。ぼくが直接接する機会がきたら、おそらくちょっとした緊張感をもつはずです。仮に自分にとっては「いい人」だったとしても、ぼくがその人を「いい人」と認定できるまでには、通常よりもかなり時間がかかるでしょう。


そう考えると、いくら自分が嫌な思いをしたとしても、それを別の人に訴えるのはある意味で「迷惑行為」ともいえます。それを聞いた方は、戸惑いこそすれ、「教えてくれてありがとう」とは思わないでしょう。家族や、直接関係することのない第三者にグチを言うのはありだと思いますが、そうでない場合「あの人に気をつけな」的な意見、告げ口はできるだけグッとこらえられる人間でありたいと思います。