読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にほんご練習帳

思ったことや感じたことを文章に表現する訓練のためやってます。できるだけ毎日続けようと思ってます。

営業電話との闘いの歴史

こんにちは


ぼくの会社にも、よく「営業電話」がかかってきます。
「将来の資産運用として不動産への投資を~」というやつです。

これの対応が昔から苦手でした。

話を聞かずにさっさと切ってしまえばよいのですが、相手も一応仕事でやっているわけで、なんとなく申し訳ない気持ちから「大丈夫です」「特に興味ないので…」なんて、ちょっと丁寧めに対応していると、いつまでも粘られてしまうのです。


まわりの席にいる同僚からは「黙って切ればいいのに~」とよく言われていました。


しかし最近、ようやく気づきました。

こちらは「なんとなく申し訳ない」と気遣っているにも関わらず、そやつは一切ぼくのことなんて気遣ってくれていないのです。

当たり前のことを何を今さら・・・という感じですが、これを意識しだしてからは、ようやく躊躇せずに即切りできるようになりました。


ところで昔の営業電話は、ろくに名乗らず、ごまかしながら話を進める印象があったのですが、最近のやつは違います。


「株式会社○○の××と申しますが」とはっきり名乗ります。
あとで検索してみると、迷惑電話のサイトなどでリストにしっかり乗っている会社なのですが、一応実在しており、HOMESなどのサイトに物件が載ってたりします。


ホームページには、「お客様にとって大切な『暮らし』を、最高水準でコンサルティング」と素敵な文句が並んでいます。


と、ここでふと興味が湧きました。
いつも電話をかけてくる彼らは、ぼくを本当に顧客として「コンサルティング」しようとしているのか、それとも「騙してひと儲けしてやろう・・グヒヒ」と思っているのか。


次にかかってきたときは、少し話に付き合ってあげてもよいかなと思い始めました。


昔の「なんとなく切りづらい」から「躊躇なく切る」へ、そしてこれからは「あえて相手してみる」という新たなステージへ。


営業電話を楽しめるようになったら、なんだか新しい自由が手に入る気がしています。(ほんとか...?)