読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にほんご練習帳

思ったことや感じたことを文章に表現する訓練のためやってます。できるだけ毎日続けようと思ってます。

いつから雨を嫌いになったのか

こんにちは

最近雨の日が多いです。

雨の日は部屋の中も暗いし、ジメジメするし、出勤中に靴が濡れたりすると最悪です。
基本的に歓迎されるケースは多くなく、雨雲は「どんより」なんて、ちょっとありがたくない形容詞がセットになるくらいです。


でも、小さい子どもは違います。
幼稚園児の次男なんて、お気に入りの傘がさせる、長靴で水たまりじゃぶじゃぶできる、と大喜びです。


長男も以前はそうでしたが、2年生の今となってはいつの間にか「あ~今日も雨だね」なんて大人風の発言をします。


でも実際にやっていることは次男と大して変わらず、帰り道に長靴で走り回り、中までビショビショにして妻に怒られたりしています。

この間そんな様子を見ていてふと思ったこと。
雨は初めから嫌われものなのではなく、大人が雨空を見上げてシカメ面をしているのを見ているうちに、子どもも少しずつ影響を受け「嫌い」になっていくのかも。


彼らが、雨を楽しめる素敵な感受性を失っていくのはちょっとさびしい気がします。
いずれはそうなるのでしょうが、親としては少しでもそのままでいてもらえるように、意識して雨にも接してみようかなと思いました。