読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にほんご練習帳

思ったことや感じたことを文章に表現する訓練のためやってます。できるだけ毎日続けようと思ってます。

舗装道路について考える

こんにちは

なぜか今ごろ、昨年買った冬用革靴の靴ズレに悩まされてます…

くるぶしのところがあたって、激しく痛いです。
絆創膏くらいでは厚さが足りず、ティッシュを折りたたんではさんでます…


そんな痛みの中、気づいたことがあります。

平坦な道を歩くと、あまり痛くありません。
ちょっと凹凸のある道だと、足の角度の関係でくるぶしと靴がこすれ、痛むのです。


つまり、地下の舗装された道や建物の中は楽ですが、外の雪道は辛い。

普段あまり意識していませんが、舗装されているかどうかで、足の使い方や負担がだいぶ違うようなのです。


今は舗装されていない道を探す方が難しいですが、うちのまわりはまだ芝生や土の道や広場がたくさんあります。冬は雪道です。

子どもの頃からそんな道を歩く機会があるのと、舗装された道のみ歩くのとでは、運動神経やバランス感覚にも少なからず影響があるんじゃないかという気がします。

ただの靴ズレの痛さ加減から思いついただけですが、運動オンチなうちの子たちにとっては、この田舎生活も悪くないかもしれません。