読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にほんご練習帳

思ったことや感じたことを文章に表現する訓練のためやってます。できるだけ毎日続けようと思ってます。

バレンタインデーの意義

こんにちは


ぼくは以前、自分が「モテる方なんじゃないか」と思っていた時期があります。


いや正直に言うと今でも「昔のオレはモテた」と思いたがってる自分がいます。


小学5年生のとき、担任の男の先生から冗談半分に、「おまえはモテるんだな〜」と言われたことがあります。


中学生のときは2回ほど告白されたことがあります。


根拠と言えそうなのはそれくらい。


それだけを拠り所にこれまでの人生、自分を「モテる」と認定していたのです。



しかし!過去のバレンタインデーを振り返ることで、真実が見えてきます。

義理チョコ以外では、小学生のときに「5番目に好き」と言われてもらったのがあるくらいで、あとは大学に入って初めての彼女ができるまで、ほぼ無しに等しいのです。


これはやはり「モテない」と言わざるを得ません。

少なくとも「モテる」とは言えません。


本当にモテるやつは、チョコレートをたくさんもらうものなのです。


もらえないのは、自分のことを好きな女の子がシャイだからではなく、モテないからなのです。


だいたいモテるやつは、人生で何回告白されたかなんて後生大事に覚えていないでしょう...



というわけで、バレンタインデーというのは、勘違い男に真実を知らしめ、目を覚まさせる重要な意義があります。


人生一度でいいから、思いがけずチョコをもらってドキッとする、なんて経験をしてみたかった。。



その願いは息子たちに託すことにします