読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にほんご練習帳

思ったことや感じたことを文章に表現する訓練のためやってます。できるだけ毎日続けようと思ってます。

大泉洋がすごい

こんにちは


あっちこっちで絶賛されてますが、真田丸大泉洋、いいですよね。


もともと次男の信繁に比べ地味なキャラであったはずの長男・信幸ですが、真田家の存亡をかけたクライマックスのここ数回では、洋ちゃんの存在感によって完全に信幸が主役となっています。


もちろん三谷幸喜の素晴らしい脚本あってのことでしょうが、それに応える大泉洋の実力はすごいと思います。


堺雅人の信繁や草刈正雄の昌幸も魅力的ではあるのですが、ある意味でわかりやすいというか、「こういう人」という性格付けがはっきりしています。


でも信幸は違います。気弱な面を見せつつ、家族のためには勇気を振り絞って勝負する度胸もある。いろんな顔を見せます。信繁や昌幸はフィクション上の「キャラクター」らしい存在ですが、信幸はとても「人間くさい」です。
観ているこちら側がもっとも等身大で共感できるのが信幸です。


大泉洋三谷幸喜のコンビといえば、清州会議があります。あのときの秀吉も、陰陽併せ持つとても複雑なキャラクターでしたが、彼の演技は見事でした。役所広司佐藤浩市小日向文世らの実力者を差し置き、完全に一人舞台ともいえる存在感と迫力でした。


そんな洋ちゃん、親しみやすいキャラクターでもあり、ぼくは将来国民的俳優にまで上り詰める可能性すら感じています。
そこで期待したいのが「シリーズもの」です。


日本のシリーズものと言えば、「寅さん」と「釣りバカ」。
たとえば彼が現代の寅さんを演じると、とても魅力的な作品になるような気がします。そんな企画、生まれないでしょうかね。


そろそろ「大泉洋といえばコレ」といえる代表作が生まれることを、前のめりに待ちたいと思います。