にほんご練習帳

思ったことや感じたことを文章に表現する訓練のためやってます。できるだけ毎日続けようと思ってます。

宝島の竹槍広告について考えたこと

いちおう広告の仕事に関わる一人として、 今回の件はとても興味深い。

自分なりの考えも整理しておこうと思う。

 

まず、否定と肯定、 どちらの意見が優勢なのかはぼく自身はよく知らない。

前提として、 いまどき新聞紙面で広告を目にする人は少ないだろうから、

大多数の人(ぼくもだ)はSNSを通して知ったと思われる。

その場合、ツイッターであればリツイートした人の論調によって、 初見の印象は大きく影響を受けることになると思う。

 

ぼくの場合は、 ある朝日新聞の記者のリツイートでこの広告の存在を知った。

その方は「これぞ広告のあるべき姿」というくらいの、 とても肯定的な受け止め方をしていた。

基本的には、ぼくはこの記者が書く文章は好きだし、 信念の強さに感銘を受けることも多い。

なんだけど、この広告に関しての第一印象はちょっと違った。

 

ぼくは「あまり好きじゃない」と思った。

 

この広告が拡散するにつれて「あの画像は竹槍じゃない」とか、

「マスクと手洗いを竹槍に例えるのは間違ってる」とか、 いろんな意見が出ているが、 正直言ってそのへんはわりとどうでもよい。

竹槍が薙刀でも大差ないし、「竹槍」の比喩には、 専門家の科学的な助言を聞き入れない政府の姿勢なんかも指しているんだろうと思う。

 

でも、やはりあまり好きではない。

ことば選びに「センス」が感じられないから。

 

ぼくが好きな広告、センスがあると思える広告というのは、

ふだんあまり意識していないが、でも心のどこかで漠然と思っていることを不意に突かれてドキッとする、

そういうものだと思う。

 

たとえば同じ宝島であれば、樹木希林が出演した「 死ぬときくらい、好きにさせてよ」。

あれは、生き方と同じくらい、 死に方も自分らしくあるべきだし尊重されるべき、という

真理だけど誰もはっきりと口にしてこなかったことをズバッと突いたすごい広告だったと思う。

 

翻って、今回の竹槍広告はどうだろう。

並ぶことばはどれも新鮮さがない。 モーニングショーで毎日のように某氏が叫んでいるような( と言いつつモーニングショーは見たことがないのだが、 何となく書いてしまった)

使い古された「非難するためのことば」という印象しかない。

 

また、やはり広告である以上、どこか人の心を、世の中を、 ポジティブな方へ向けるものであるべきだと思う。

 

そのために必要なことばの力が、センスが、欠けている。

だからぼくは「好きじゃない」と思った。 

差別についてぼんやりと考える

人は一人ひとり違う。見た目はもちろんだし、性別、年齢、経済力、人種もそうだし、性格や考え方も違う。

 

違いをなくすのは不可能だけど、違いを認め、尊重することは誰にでもできる。

 

結局は、自分と違うひとのことをどれだけ想いやれるか、つまり「想像力」なんだよなあと思う。

2021年の311に思うこと

コロナ禍は、歴史の一大事件ともいえる危機だと思うけれど、 どこかで「まあそういうこともあるよな」 と受け止めている自分がいる。それはやはり「3.11」 を経験しているからだろう。

あの日を境に、ぼくはいくつかのことを学んだ。というか、 強制的に心に深く刻み込まれたと言ってもいい。

 

まずは「人生には想像もしていなかったことが起きる」 ということ。

ぼく自身の直接的な体験はもちろん、津波原発事故などすべてが想像すらしたこともない事態だった。

もし一日前の自分に「こんなことが起きる」 と伝えてもまったく信じられないだろう。

 

そしてもうひとつ、そんな非常事態を経たあとでは「当たり前」 は幻想に過ぎないと感じた。

蛇口をひねれば水は出る。スイッチひとつで電気はつく。 お店には食べ物を売っている。そんな当たり前は、 簡単にひっくり返ることを知った。

 

さらに、そこで人間にとって重要なこと。それは「想像力」 だと感じた。

誰もが自分のことで精いっぱい。人に辛く当たったり、 ギスギスした暴言がWEBで飛び交ったりする中で、「 困っている誰かのために」動いている人たちもたくさんいた。

人の痛みや悩みを想像し、その解決のためのアイデアを創造する。 すべての始まりは「想う」こと。自分も「想う」 力をもつ人でありたいと思った。

 

3.11。そしてコロナ禍。 歴史に残るクラスの惨事を二度も経験したあとでは、 不確かな未来に対応できるしなやかな強さ、言い換えれば「 適当さ」が大事なのかもしれない。

どっちでもいい、どうでもいい、どうにかなる。 そのくらいの適当で楽天的な心持ちで日々を過ごせる人が、真の「 強い人」なのかもしれない。

 


 

友だち

ぼくは友だちが少ない方だと思う。「友だち」の定義は人それぞれだろうけど、ぼくの中で「友だち」として思い浮かぶ人たちの共通点は「2人きりで会っても楽しめること」かつ「自分から誘ってでも会いたいと思う人」 という感じだろうか。

 

普通の人は、もう少しライトな友だちもいるのかもしれない。2人では会わないけどグループで顔を合わせるとか。でもぼくは出不精かつ人見知りなこともあって、基本的には一人や家で過ごす時間が好きだ。 ライトな関係の人とはそもそも付き合うのが面倒くさく感じてしまう。仮に珍しく誘われても断ってしまう場合がほとんどだ。 なのでさっき挙げたような「濃い」友だち以外とは、ほとんど個人的な関わりがない。

 

その「友だち」は、なんとなく人数にして7~8人だろうか。 定期的に顔をあわせる人もいれば、もう何年も連絡をとってない奴もいる。それでも「友だち」という感覚は変わらない。先日、10年近く振りに連絡がきた高校の同級生がいる。お互い独身のときはよく一緒に遊んだ。 就職活動で上京したときはそいつの家に泊めてもらったし、 たまに電話がきたときは朝までしゃべった。 でもやがて結婚して子どもが生まれ、ぼくが住む場所も変わった。 それ以降は会うこともなく、男同士だからマメに連絡を取り合うこともなく、気づけばそのくらいの時間が経っていた。 それなのにメールの文面は、まるでついこの前も顔を合わせていたかのような気軽さ。その感じがとても自分にもしっくりきた。やっぱり「友だち」だなと思った。

 

コミュニケーションの頻度も内容も、お互い無理せず、意識して相手に合わせることもない。それでも相手にとっては心地よく感じられる。そんな関係が「友だち」ということなんだろうなと思った。

確信と想像力は相反する

今日twitterで見かけてはじめて知ったのだけど、田辺聖子の小説にこんな一節があるという。

 

「私にいわせれば、人を責めるのは想像力がないからである。

責めるのは何かの確信があるからで、

確信と想像力は相反するものである。」

 

 

 

これって、ほんとにそうだなあと思う。

 

自分のことを持ち出すのもおこがましいのだけど、仕事などでも、部下や後輩に怒っている人をみかけるが、ぼくにはできないと思ってしまう。

 

人を怒れるほど自分に自信がないからだ。

 

もちろん、相手が思ったように動いてくれないときなど、イラっとしたり不満を感じることはよくある。

 

でも、怒る前に「自分の伝え方が悪かったのかもしれない」とか「自分が信頼されていないのかもしれない」と思ってしまう。

 

つまりそれは、自分に「確信」がもてないということのような気がする。

 

まあぼく自身のことに当てはまるかはともかく、この短い文章にこれだけの濃い意味をつめこみ、真理を表現するのはすごいと思った。

 

作品を読んだことはないけれど、今度ぜひ手に取ってみようと興味がわいた。

仲良し兄弟

我が家の息子たちは異常に仲が良い。いや、ぼくは男の兄弟がいないから、実際に「異常」なのかどうかよくわからないけど。とにかく常に一緒に楽しそうに遊んでいる。二人とも友だちが少なく、学校から帰ってきても遊びに出かけることはほとんどないのだけど、お互いが一番の親友のようになっている。3歳差の兄弟とはそんなものなのだろうか。

 

そういえば、以前職場の同僚の披露宴に出席したとき、新郎のお色直しでいったん退場する際のエスコートにお兄さんが指名されていて驚いたことがあった。気が合う兄弟というのは、ぼくが想像する以上に絆は深いのかもしれない。

 

もちろん親としてはありがたい。これから思春期を迎え、独り立ちのときもくるかもしれないけれど、いつまでも、大人になっても仲良く、お互いを支え合ってほしい。

すばらしき世界

会社帰りに観てきた。

役所広司の演技が圧倒的に素晴らしく、もはや「演技」であることを忘れ、「本物」の正夫そのものを見ている感覚になった。

 

それから、長澤まさみキムラ緑子梶芽衣子の女優陣。セリフは少ないながらも、心にズシンとくる印象を残していた。特にキムラ緑子演じるヤクザの妻が、正夫に警察から逃げるように促すシーンは胸に迫った。家族でも恋人でも、友人ですらない相手に対して、純粋な「想いやり」で逃がそうとする。それこそ人間の素晴らしさがつまった瞬間を見た。

 

ぼくは「ひとりが好き」という自覚はあるが、同時に、「ひとりじゃない」からこそ、ひとりが好きでいられることも分かっている。あらためて、ぼくとつながってくれているひとたちへの感謝の気持ちが強くなった。