読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にほんご練習帳

思ったことや感じたことを文章に表現する訓練のためやってます。できるだけ毎日続けようと思ってます。

アーティストの定義とは?

こんにちは

今日は、ちょっと備忘録的に。


アドタイで連載されているコルク佐渡島さんのインタビューで、CMクリエイターと作家の違いについて語られていました。


曰く、CMクリエイターは「どう表現するか=How」に精通している。対して作家、特に新人作家は「これを書きたい=What」は強くもっているが、Howを知らない、と。


ぼくはクリエイターでもなんでもないのですが、広告に携わる仕事をしていて、よく「広告はクリエイターの作品ではない」という内外の人の意見を目にします。


それはその通りで、広告の仕事には常にクライアントの「課題」があり、それを解決するための手段を提案・提供するのが制作者・クリエイターの仕事です。


そんななかで、よく「(広告)クリエイター」と「アーティスト(=作家)」の違いを考えることがあったのですが、今日の佐渡島さんの話を読んで、アーティストとは「Whatがある人」のことだと、自分自身とても腑に落ちました。


アウトプットがどんな形でも、そこに制作者自身の内側に宿る”What”があれば、それはその人の「作品」と呼べるのではないか、と思いました。